読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEB+DB PRESS Vol.72

http://distilleryimage7.s3.amazonaws.com/8323c364559811e28bf022000a9f139a_7.jpg
さて、正月休みも本日まで。明日からは新しい職場での仕事がスタートする。
休み中は京都でゆっくりすごしたのでそろそろエンジン始動と思ってたら、ちょうどWEB+DB PRESSの最新号が届いてた。
今号では普段使ってるツール、Cacooの開発ノウハウが特集されている。
Cacoo - Web上で図の作成とリアルタイムコラボレーション

プロジェクト管理ツール「Backlog」とドローイングツール「Cacoo」は,ともにヌーラボが提供しているWebサービスです。Backlogは国内を中心に10万人以上,Cacooは世界中で60万人以上のユーザが利用しています。どちらのサービスも,その使い勝手の良さ,敷居の低さには定評があります。ヌーラボという福岡に本拠地を置く小さな会社が,なぜこのような成功を収めることができているのか。本特集では,その秘訣を余すところなく大公開します。

  1. ヌーラボの開発風景
  2. サービスの開発/運用サイクル
  3. プロジェクトの運営
  4. サービスのオリジナリティ
  5. 海外展開時に考慮すべきこと
  6. ビジネスの側面からのサービス

システム構成

  • AWS上で構築
    • nginxを使用

開発体制

  • 各サービス毎のチームと、全体を見るチーム
    • アプリケーションやマーケティングはサービス毎
    • インフラ、デザイン、サポート等はサービスをまたがる
    • とはいえ、開発部門と運用部門が協力してDevOpsを実践している

開発サイクル

  • アイデア出しの後はプロトタイプ作成
    • 開発するものがある程度固まったら、モックやプロトタイプを作成
      • 作成後、しばらく時間を置いて再検討することもあり
  • コミュニケーション
    • チーム朝会でTODO、問題点、要望や問合せなどを共有している(サービスに対する考え方も)
    • 週一のミーティングでスケジュール進捗の共有
    • 半年に一度の総会で戦略の共有やLT

課題管理

  • Backlogを使用
    • タスク、不具合、問合せをすべて登録している

サービスの育て方

  • 自分たちが一番のユーザ
    • BacklogやCacooは自分が不便だと思うことを解決するために生まれたサービス
  • エンジニアは有益なデータを共有できる仕組みを積極的に取り組む
    • エンジニアやマーケティング担当者が欲するデータは違うが、データを抽出、集計できるのはエンジニアのみ
  • 三つの要望(自分たち、ユーザ、世間)を話合い共通認識が取れたもとから形にしていく
  • ユーザの要望をそのまま形にするのではなく、背景や問題点を探り開発を進める
  • Eathing your own dog food ... 自分達のプロダクトを自分達で使う

こういうノウハウを公開してくれるのって素晴らしい。自社での取り組みに導入できそうな部分はどんどん入れていきたい。


WEB+DB PRESS Vol.72

WEB+DB PRESS Vol.72

  • 作者: 近藤宇智朗,生井智司,久保達彦,道井俊介,飯田祐基,中村知成,規世やよい,後藤秀宣,天野祐介,奥野幹也,Dr.Kein,tokuhirom,森田創,中島聡,堤智代,A-Listers,はまちや2,竹原,川添貴生,WEB+DB PRESS編集部
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2012/12/22
  • メディア: 大型本
  • 購入: 8人 クリック: 80回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る