読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無印良品は、仕組みが9割

f:id:hsaitou:20130818150407j:plain:w400

38億円赤字の無印良品をV字回復させた「2000ページのマニュアル」とは?
「あらゆる仕事を仕組み化(マニュアル化)することで、成果・売上を倍増させられる」。
本書では、「仕組み化=マニュアル化」の大切さを述べながら、“仕事を効率化する” “チームの力を引き出す” “成果を上げる” ための具体的な方法論に言及。
「仕事を仕組み化する」ことで会社の業績をV字回復させた著者による、ちょっと骨太なビジネス書。

MUJIGRAM

2000ページにも及ぶ無印良品独自のマニュアル。マネキンのコーディネートにもマニュアル*1があるというのがびっくり。
「かつて不振にあえいだ無印良品」がMUJIGRAMをベースとした仕組み化を促進することで、業績を回復できたことが他の会社でもヒントになれば、という事でこの本を書かれたそう。

目次

  1. なぜ無印良品には“2000ページのマニュアル”があるのか
  2. 売上げとモチベーションが「V字回復する」仕組み
  3. 決まったことを、決まったとおり、キチンとやる
  4. 会社を強くするための「シンプルで、簡単なこと」
  5. この仕組みで「生産性を3倍にできる」
  6. 自分の仕事を「仕組み化する力」をつくろう



f:id:hsaitou:20130818151335p:plain
良品計画の業績推移は順調。株価もこの通り。
うちの家族も好きで、よく利用している。今日はカレーとお盆を買っていたなあ。
近所の無印、出掛けた先で入ってみた無印*2、どの店舗でも「無印」っぽさがある。
どこの同じ店でも、同じクオリティを保つというのはかなり大変。
MUJIGRAMが出来る前の良品計画も店舗間でのクオリティーコントロールがうまくできずに苦労したようだ。

仕組み

僕が会社で担っているうちの一つが、この「仕組み化」。
いま、有難い事に会社が大きくなりつつあるのを肌で感じられている。
その大きくなっていく過程でいまのやり方では破綻してしまいそうな業務があり、そこをテクノロジーを使いながら誰でもミス無く業務を遂行できる「仕組み」を作ること目指し業務改善に取り組んでいる。

気になるキーワードが幾つも出てくる。例えば・・・

いいマニュアルは「新入社員でも理解できる」
「7000件の苦情を1000件に減らした」リスク管理法
マニュアルで「人材育成する人を育成」する
なぜ「挨拶を徹底する」と「不良品が減る」のか

などなど。
いい部分はどんどん吸収して、自分の仕事で活かしていきたい。
次の勉強会のテーマはこれがいいかもな。


*1:http://www.kadokawa.co.jp/sp/mujirushi/

*2:好きな無印は自由が丘とノースポートです。