deca dance fee/ex.h

商品説明はしすぎも良くないし、しなさすぎも良くない。

しすぎの場合、説明だけで満足しちゃうから。
ちょうどいいバランスが大事なんだと思う。

最近、つい気になってしまったルアーが。

デカダンスフィー・エクストラヘビー
ギリギリの浮力で水面に浮くようにウエイト設計したスペシャルモデル。
開発の発端は、高比重のデカダンストーイ試作品。浮力が低すぎて駄目だとお蔵入りして10数年。。偶然出てきたブランクにリグをつけて知人に使ってもらったところ、絶賛された。着水時にゆっくり浮き上がるのがデカバスに効くという。
(中略)
コンマ数グラムで浮き姿勢が激変してしまうので、パーツセッティングはシビアであったが、通常のバス釣りで違和感なく使える設定をレギュラー(5色)、よりマニアックなパーツ設定をバス漁師モデル(BLSカラー)として発売。狡猾なランカーバス、冬場の低活性のバスにも是非お試しを!!

よりマニアックなパーツ設定・・・!?
実際、何がどう違うんだろう?と調べてみても出てこない。

で、

こうなっちゃう。


たしかに、手に持つといつも使っているデカダンスよりずっしりしてる。


重さを測ってみると、確かに違いが。

お風呂で試してみると、こういうことかぁと。
普通のデカダンスはパタパタと泳がせるのが楽しんんだけど、これはちょっと違った使い方をすると面白そう。

で、冒頭に書いたプレゼンテーションのバランス、これに関しては、「少ない!笑」
でも、そのおかげで僕は2個買ってしまった・・・笑
ということは、これがちょうどいいバランスなのかな。

買ってから、お風呂で試してみるまで、ひさびさにワクワクした体験をさせてもらったかも。
フィールドで使うのが楽しみ。